河畔の宿


琵琶湖から流れ出る唯一の自然の川・瀬田川。
その畔で育った人間嫌いの女・真弓。
1970年代半ば、高度成長期の大阪での生活に疲れ、独り何処へ行く?

建築設計事務所の社長・戸田と元ボート部の若い商社マン・紺野、二人の男が真弓に示した対照的な行動。
彼女はどちらに魅かれて行ったのか?







著者ご紹介 早川敏郎
1919年6月29日生まれ。京都府出身。京都府立第二中学校卒業。彦根高等商業学校卒業。専攻は経済史。
1941年、日本蚕糸統制株式会社に入社、経理を担当する。その二年後に陸軍兵士として満州に渡り、終戦後に帰国。
1979年、社団法人田辺カントリー倶楽部の支配人として定年退職。
同年から5年かに亘り脚本家を目指して、大阪のシナリオ学校で学ぶ。
その経験を活かし、歴史小説の執筆に取り組み、現在に至る。

◆著書『大平海飛脚船の乗客』2013年11月(研人企画発行)  『異邦人』2015年2月(研人企画発行)

ジャンル 小説   著者 早川敏郎    発行元 研人企画  発行時期 2015年2月20日
サイズ・頁数 B5判・50頁 商品番号 KPBN15001
商品名 河畔の宿
販売価格 1,080円
税別価格 1,000円
送料区分 送料込
配送タイプ 発送手数料