浄瑠璃寺 京都ゆうゆう歴史街道いづみ路読本

京都ゆうゆう歴史街道いづみ路読本・浄瑠璃寺
京都府木津川市加茂町西小札場(にしお ふたば)にある真言律宗の寺院。山号を小田原山と称し、本尊は阿弥陀如来と薬師如来、開基は義明上人である。寺名は薬師如来の居所たる東方浄土「東方浄瑠璃世界」に由来する。本堂に9体の阿弥陀如来像を安置することから九体寺の通称があり、古くは西小田原寺とも呼ばれた。
緑深い境内には、池を中心とした浄土式庭園と、平安末期の本堂および三重塔が残り、平安朝寺院の雰囲気を今に伝える。
本堂は当時京都を中心に多数建立された九体阿弥陀堂の唯一の遺構として貴重である。
01_浄瑠璃寺本堂-750

歴史
浄瑠璃寺の所在する地区は当尾(とうの)の里と呼ばれ、付近には当尾石仏群と呼ばれる、鎌倉時代にさかのぼる石仏、石塔などが点在している。
行政的には京都府に属するが、地理的には奈良の平城京や東大寺からも近く、恭仁宮跡や山城国分寺跡も近い。
浄瑠璃寺の創立については、寺に伝わる『浄瑠璃寺流記事』が唯一の史料である。
『流記事』はいわゆる「縁起」の形式を取らず、寺の歴史に関わる事項について箇条書き風に書かれたもので、観応元年(1350年)に古記を書写したものであるが、この時に筆写されたのは永承2年(1047年)から貞応2年(1223年)までの歴史に関わる部分で、それ以後、永仁4年(1296年)から観応元年までの歴史については、新たに書き継がれている。
以下、『流記事』の記載に沿って初期の沿革を記す。
永承2年(1047年)、義明上人により本堂が建立され、檀那は阿知山大夫重頼であった。
これら2名の人物については、この『流記事』の記載以外にほとんど知られるところがない。
義明については『流記事』の注記から当麻(現・奈良県葛城市)出身であることが知られるのみである。
阿知山大夫重頼については、他の記録(『興福寺官務牒疏』)に「佐伯氏」とあるが、これも定かではなく、当地方の豪族とみられる。
この永承2年が浄瑠璃寺の創建年とみなされている。
この時の本堂は、『流記事』によれば1日で屋根を葺き終えているので、小規模なものであったことがわかる。
それから干支が一巡した60年後の嘉承2年(1107年)、本仏の薬師如来を「西堂」に移したとの記録がある。
ただし、「西堂」についての具体的な説明はない。
『流記事』はここで別の記録(『戒順坊阿闍梨日記』)を引いて、この時に旧本堂を取り壊して、そこに新本堂を建立し、翌年に仏像の開眼供養をしたと説明している。
この記録から、当寺の当初の本尊(本仏)が薬師如来であったことがわかり、寺号も薬師如来の浄土である東方浄瑠璃世界に由来することがわかる。
現・三重塔本尊の薬師如来坐像が当初の本尊であった可能性も指摘されている。
また、この嘉承2年に建立された新本堂が、現存する国宝の本堂であるとするのが通説である。
それから50年後の保元2年(1157年)には本堂を西岸に「壊渡」したとの記録がある。
「壊し渡す」とは、「解体して移築した」の意に解釈されている。
「西岸」とは、池の西岸、すなわち、現存する本堂の建つ位置にほかならない。
それ以前の本堂が寺内のどの場所にあったかは定かでないが、地形等からみて、池の北岸にあったとする説もある。
中世から近世にかけて浄瑠璃寺は興福寺一乗院の末寺であったが、明治初期、廃仏毀釈の混乱期に真言律宗に転じ、奈良・西大寺の末寺となった。
境内は浄土式庭園を形成している。
02_浄瑠璃寺五重塔-750

境内の中心に位置する大きな池は興福寺の恵信という僧が掘ったもので、その中央には小島があり、弁才天を祀る祠がある。
池の東岸には薬師如来を安置する和様の三重塔、西岸には阿弥陀如来を安置する本堂(九体阿弥陀堂)が位置する。
薬師如来は東方浄瑠璃世界に住み、現世の苦しみを除く仏であり、阿弥陀如来は西方極楽浄土の教主である。
薬師如来を東、阿弥陀如来を西に安置することにはこうした意味があり、三重塔のある東岸は「此岸」(しがん、現世)、池をはさんだ西岸は阿弥陀如来のいる「彼岸」であるという見かたもできる。
これら今にある伽藍の原型は、前述のとおり、永承2年(1047)建立の薬師如来を本尊とする本堂が取り壊され、9体の阿弥陀如来像を安置する新たな本堂が建立された嘉承2年(1107)に形成されたものと見られる。
池の反対側から本堂を見ると、中央の阿弥陀如来の顔は本堂の庇に隠れて見えないが、池に映った姿を見ると顔も見える。
池に映して見ることで、極楽浄土の世界を見るように設計されていた。
本堂(国宝)は寄棟造、本瓦葺き。桁行11間、梁間4間(ここでいう「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を表す)。

本堂正面の柱間装置は、左右両端間は上半を連子窓、下半を土壁とし、他の9間は板扉とする。隅の柱上に舟肘木を用いるほか、外周の柱上には組物を用いない、簡素な建物である。
平面は「九間四面」、すなわち、桁行9間、梁間2間の身舎(もや)の周囲に1間幅の庇をめぐらした形式になる。堂内は板敷きで、身舎の奥寄りに横長の須弥壇を設け、9体の阿弥陀如来坐像を横一列に安置する。
天井は身舎、庇とも、天井板を張らず、垂木などの構造材を見せる「化粧屋根裏」とする。安置する9体の阿弥陀如来像のうち、中尊は他の8体より像高が大きく、中尊を安置する堂中央部分の柱間は他の柱間より2倍近く広くなっている。
この堂中央部分は左右の部分よりも柱が太くかつ長く、その分、化粧屋根裏の位置も高くなっている。
このことから、当初は堂中央部分のみが小堂として造られ、左右の部分は後に付加されたとする説もあったが、1967年の修理時の所見では、そのように前後2期にわたって建立された形跡はみられなかった。
屋根は現状本瓦葺きとするが、承元元年(1207)と嘉暦3年(1328)に檜皮を葺き替えた記録があり、元は檜皮葺であった。
本瓦葺きとなったのは寛文6年(1666)であり、堂正面の向拝も江戸時代後期に付加されたものである。
白河院、鳥羽院の院政期を中心とした11-12世紀には、多くの九体阿弥陀堂が建立された。
これは『観無量寿経』所説の「九品往生」の考えに基づくもので、藤原道長が寛仁4年(1020)に建立した無量寿院阿弥陀堂(法成寺阿弥陀堂)を最初の例として、記録に残るものだけで30数例を数えるが、そのうち現存するものは浄瑠璃寺本堂のみである。
これらの九体阿弥陀堂の多くは天皇家や有力貴族の建立したもので、浄瑠璃寺本堂のように地方の豪族によって建立されたものは珍しい。
阿弥陀堂には、平等院鳳凰堂、富貴寺大堂に典型的にみられるように、堂内を極彩色の壁画で飾り立てたものが多いが、浄瑠璃寺本堂にはそうした壁画の痕跡もなく、柱上の組物も用いない(隅柱に舟肘木を置くのみ)など、全体に簡素な造りである点、九体仏のうち中尊を安置する部分の柱間を特に広く造り、求心性の高い建物である点が特色である。

03_浄瑠璃寺本堂九体佛-750

木造阿弥陀如来坐像 9躯(国宝)
国宝。阿弥陀如来像を9体安置するのは、『観無量寿経』に説く「九品往生」の考えに基づくもので、藤原道長建立の無量寿院阿弥陀堂(法成寺阿弥陀堂)をはじめとして、記録に残るものは多数あるが、平安時代の作品で現存するものは浄瑠璃寺像のみである。
9体とも檜材の寄木造、漆箔仕上げで、像高は中尊像のみが他より大きく、224.0センチ、脇
仏8体は139.0センチから145.0センチである。

道長の無量寿院阿弥陀堂の阿弥陀如来像は、9体とも丈六像(坐高約2.4メートル)であった。
中尊と脇仏8体とは印相も異なり、前者は右手を挙げ、左手を下げる来迎印、後者は8体とも腹前で両手を組む、「弥陀の定印(じょういん)」である。
04_浄瑠璃寺本堂中尊-750

九品往生のそれぞれに応じて、阿弥陀如来の9種類の印相を説く書物もあるが、浄瑠璃寺像の場合、脇仏8体の印相はすべて共通である。
これに対して、浄瑠璃寺像は中尊が丈六よりやや小さい周丈六像、脇仏8体はさらに小さい半丈六像である。
9体の造立年代については、直接証明する史料がなく、研究者によって、9体を同時期の作と見る説と、中尊のみが古く、脇仏8体は時代が下ると見る説がある。
すなわち、9体とも永承2年(1047年)の創建時の作とする説、9体とも嘉承2年(1107年)の新本堂建立時の作とする説、中尊は永承、脇仏は嘉承の作とする説などがある。
中尊については、定朝の作品として著名な平等院鳳凰堂阿弥陀如来坐像(天喜元年・1053年作)との様式的類似を認めるのが通説であるが、平等院像と浄瑠璃寺中尊像の先後関係については定説がない。
(仮に浄瑠璃寺中尊像を永承期の作とすると、平等院像より数年先立つ造像ということになる)。
脇仏8体相互の間にも、子細に見ると作風の相違がある。裾部分の衣文の処理を見ると、裾を両脚の間にU字形に垂らしたものと、扇形に表したものがある。
8体のうち南端(向かって左端)の像については、作風の違いから、鎌倉時代に近い頃の作とする見方もある。
各像の蓮華座はおおむね当初のものである。
中尊の負う千仏光背は後補のものだが、光背上部に取り付けられた飛天像4体は平安時代の作と認められている。
脇仏の光背は、頭光(ずこう、光背のうち、仏像の頭部の背後に位置する部分)の八葉形と光脚(光背の最下部)のみが古く、他の部分は後補である(向かって右から4番目の像の光脚は後補)。なお、九体阿弥陀如来像の像内に納入されていたと伝える阿弥陀の摺仏が寺に伝わっており、その中に長治2年(1105年)の年号を記した紙片を貼付したものがあるが、像内納入状況等が不明であるため、これがただちに像の制作年代を示すものとはいえない。

木造四天王立像(国宝)藤原時代
国宝。像高167.0 – 169.7cm。寄木造。漆箔・彩色・截金。平安時代後期の作。当初の彩色と截金文様がよく残っている。
4体のうち広目天は東京国立博物館、多聞天は京都国立博物館に寄託。
他2体(持国天、増長天)は本堂内に安置。
多聞天以外の3像の像名については後に入れ替わっている可能性があります。
現・持国天像を増長天とする説、現・増長天像を持国天または広目天とする説、増長天と広目天の像名が入れ替わっているとする説などがある。
吉祥天立像(秘仏・藤原時代・重要文化財)
厨子入木造吉祥天立像(附:吉祥天摺仏59枚(像内納入品)、革製厨子金具形残欠8片)
本堂内に安置。像高90.0cm。檜材割矧ぎ造、彩色・截金。『浄瑠璃寺流記事』によれば、鎌倉時代の建暦2年(1212年)に本堂に安置されている。
九体阿弥陀の中尊の向かって左に置かれた厨子内に安置され、春、秋、正月の一定期間のみ扉が開かれる秘仏である。
05_浄瑠璃寺吉祥天 秘仏-750

(公開は1月1日-1月15日、3月21日-5月20日、10月1日-11月30日)。
構造はヒノキ材の前後割矧ぎ、割首である。

BookCover-canvas-700.jpg