歴史街道いづみ路の歴史と文化 恭仁宮跡(山城国分寺跡)

歴史街道いづみ路の歴史と文化 恭仁宮跡(山城国分寺跡)
今からおよそ1300年前、天平12年(740)10月、聖武天皇は平城京を離れ、伊賀、伊勢、美濃、近江などを行幸して、同年12月 瓶原(みかのはら・木津川市加茂町)に入り遷都を宣言しました。
それが、謎のベールに包まれた、幻の都「恭仁京」。
往時の数々の遺構はロマンに溢れ、歴史の中心舞台であったことが偲ばれます。
01_史跡恭仁宮跡
その後、天平16年(744)2月に難波宮への遷都が行われ、翌天平17年(745)5月には再び平城の地へ都が戻りました。
恭仁京の都としての期間は足掛け5年と短いものでしたが、その間、天平13年(741)には国分寺・国分尼寺建立の詔、天平15年(743)には大仏造立の詔、墾田永年私財法の発布があり、歴史上極めて重要な時期であったといえます。
02_史跡恭仁宮跡-700
昭和32年(1957)7月に国の史跡に指定され、平成19年(2007)2月には史跡名称が「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」となり宮跡全体が守られています。
現在は、大極殿(金堂)礎石と七重塔礎石が残り、恭仁宮跡周辺では晩夏から秋にかけて、蕎麦の花、彼岸花、コスモスが見頃となります。
03_史跡恭仁宮跡-700
藤原広嗣の乱の後、天平12年(740)12月15日聖武天皇の勅命により、平城京から遷都されました。
相楽が選ばれた理由として右大臣(のち左大臣)・橘諸兄の本拠地であったことが指摘されています。
04_史跡恭仁宮跡-700
天平13年(741)9月に左京右京が定められ、11月には大養徳恭仁大宮という正式名称が決定され、大極殿が平城京から移築され、大宮垣が築かれていき、宮殿が造られました。
条坊地割りが行われ、木津川に大きな橋が架けられましたが、都としては完成しないまま天平15年(743)の末にはこの京の造営は中止されました。
聖武天皇は近江紫香楽宮に移り、天平14年(742)秋には近江国で宮の建設が始まり、さらに天平16年(744)2月に、穂積老を留守官に任じて難波京に遷都、さらに天平17年(745)5月に都は平城京に戻された。
05_史跡恭仁宮跡-700
遷都後、天平18年(748)恭仁宮大極殿は山背国分寺に施入されています。
宮は平城宮を簡略化した程度で、南北750メートル、東西560メートルの南北に長い長方形。朝堂院も平城宮より東西に幅が狭く、板塀で囲まれていました。
西側は狭い谷間、東側は木津川の氾濫原によって宮や京の造営が制約され、全体的に小規模で、条坊制を示す遺構も確認されていません。

BookCover-canvas-700.jpg